ムラコシ精工 新宿ショールーム

初回と2回目のゲストは、ムラコシ精工の村越雄介社長でした。

村越社長は若い頃から沢山苦労をされた方。その一つ一つのエピソードが大変ためになるお話でした。

そして会社の製品に興味を抱き、新宿にあるムラコシ精工さんのショールームに行ってきました。

自動車の中で大切な部分の一つと言えば「ブレーキ」が挙げられます。

それは人の命に直結します。

ムラコシ精工で作られる自動車用重要保安部品は、国内シェアNo1。海外の自動車メーカーからも発注が届くとのこと。

それだけメーカーから信頼されている証拠!

今では世界中で同じような鬼目ナットが使用されていますが、

元々のオリジナル品はムラコシ精工。

特許権の存続期間である20年が終了し、残念ながら世界各国で模造品が出回っているそうです。

中でも驚いたのは「耐震金具」

工場が福島県いわきにもあり、村越社長自身、震災時はいわきにいたと話してくれました。

その経験からか耐震金具には、社長の「地震が起きたときに人を救いたい」という気持ちが込められていました。

震度5弱以上の揺れで扉が自動的にロック、揺れが収まると自動的にロックが解除されます。

これ、電気を使っていないんです。

どのような仕組みなのかは、ぜひショールームでご覧ください。

株式会社ムラコシ精工 新宿ショールーム

株式会社ムラコシ精工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です