はじめまして

皆さん、はじめまして。

この度アシスタントMCを務めさせていただきます。
福島県いわき市出身の田巻果奈です。
大学を機に上京し現在大学3年生です。

地元を離れた今、生まれ育った大好きな福島にこのような形で携わることができ、とても光栄に思っています。私にできること、私にしかできないことを全力で皆さんに発信して行きたいです。
まだまだ未熟ですが沢山勉強して成長出来るように頑張ります!よろしくお願いします。

さて、記念すべき第1回目の収録では株式会社ムラコシ精工代表取締役社長 村越雄介さんにお越しいただきました!
事業内容は大きくわけて3つ

  • 自動車
  • 住宅
  • 工作機械

福島県いわき市では主に自動車と住宅用の工場が4箇所あるそうです。

東日本大震災で工場から火災が発生し多くの被害を受けたのにも関わらず、
「お客さんに迷惑をかけるな」
「車の供給責任 ラインを止めるな」
ということで次の日から復旧作業スタートする指示の的確さと責任感の強さをまず感じました。

村越さんがおっしゃっていた、
「震災を機に電気の有難みをしる。」
「ここまで育ったのは電気のおかげ。」
「地震のせいで原発反対とは思わない。」
震災がきっかけで自分たちの使う何パーセントかは自分で電気を作ろうということで『グリーンパワー事業』がスタートしたそうです。
こんな最悪な状況からこんな素晴らしい新事業を普通考られるでしょうか?
私は村越さんの話に釘付けになってしまいました。

グリーンパワー事業とは
ムラコシ精工が始めた太陽光発電の取り組みのこと。
売電した収益を還元(日本で物をつくっていく)して生産性をあげる取り組みをしているそうです。

また、
世界各地にあった工場ですが、現在は日本で作り世界に輸出することをポリシーにしているそうです。

今や少しでも安く効率よく出荷するために海外に進出している企業がほとんどの中、日本で作り世界に輸出している。そんな企業、応援したいですよね。
日本のため、社会のため、人々のために、どこまでも1つのことを突き詰める…
その忍耐力と人柄の良さに、私自身心を打たれました。

先代の社長が考えた理念
3+(サン・プラス)
Silent(静か) Safety(安全) Smooth(なめらか)
3つのSから生み出される+が
Satisfaction(満足)

全てが目立つ製品ではないけれど、生活の中で確実に住みやすくなっている。どこか1つプラスされている。このように温かみのある商品を日々開発し人々の生活を豊かにする、そんな素晴らしい商品を作られている株式会社ムラコシ精工を世の中の人にもっともっと知ってもらいたいです。

村越さん、貴重なお話ありがとうございました。経営だけではなく、人としてもとても勉強になりました。

今回初めての収録ということで楽しみと同時にとても緊張しました。
しかし、震災をきっかけに、新しい産業の立ち上げや、前を向いて新しい事業に取り組んでいる人、私たちが知らない会社や研究は沢山あります。
そんな『最先端を作り出す人』たちを紹介していく使命を果たしていきたいです。そして福島県を好きになってくれる人が1人でも増えたら嬉しいです。

次回は
11/14 土曜日 9:30~9:55 (ふくしまFM)
11/15 日曜日 11:15~11:40(茨城放送)
他の地域の方はradikoでも聞けますのでお時間がある方は是非第2弾もよよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。